大規模改修工事のコンサルティング会社の特徴

大規模改修工事のコンサルティング会社といわれるのは、具体的については修繕や補修が必要な箇所による調査、修繕や補修のプランニング、工事監理を担っていく会社であり、マンション構造を熟知している設計士らがその業務を担っています。したがって、大規模改修工事を請け負っている建設会社とはまた別として、適正に大規模改修工事が進められているかに関して第三者的に判断していくアドバイザー的な会社が必要となってきます。当然ながら、新築当初よりマンションのすべてについて管理してくれるような管理会社に対してコンサルティングを依頼していくのが一番安心であるなような気がしますが、大きな課題となることは予算であり、大手不動産会社系列による管理会社であるならば人員コストなどが高くなってくるため、当然ながら、予算についても大きくなってくるようになります。

マンションの大規模改修工事

マンションの大規模改修工事に関しては、劣化していくマンションも十数年が経過すると、外壁の塗装から共有部分のコンクリートなどの補修を行ったりと、作業をそれぞれ行う形で修復を図る事となります。どうしても計年齢化が進む事で色々と回収していくマンションの整備を行う流れとしてしっかりと対応していく事が求められる所となります。そこを踏まえてより良い形で対応してもらう事とすれば、とても素晴らしい条件で大規模の改修工事を行えてより良い生活を送る事となります。マンションなどでは、予め修繕積み立ての費用をためて置く事で対応する必要があり、より良い形として改修工事を行う流れでも考えていく必要があります。まずは大規模な工事を行う状況としても、より良い形で考えて作業を進めていくなど、やはりどうしても必要な工事となる様です。

大規模改修工事には専門家の知識が必要

マンションでの生活においては、居住者が毎月管理費用を支払いマンション管理組合の口座に貯蓄し、来たるべく大規模改修工事に備えます。12年周期で工事を実施することが一般的と言われていますが、理事会員は専門家ではないため、管理会社に相談するとともに、管理会社と言われるがままではなく、その他専門家の意見も聞きつつ実施の判断する必要があります。また、最終的にはマンション総会において承認を得る必要があります。現在はオリンピックの影響もあり、工事費用が高騰しており、これからも増加が見込まれています。12年周期で工事を実施する場合、マンションによってはこの先の大規模修繕工事の費用が足らなくなり、管理費の値上げも検討するところもあります。まずは専門家を招きコンサルティングを行い、マンションの状態の把握を把握し、今実施することが必要なのかどうかを長期の目線にて判断する必要があります。また、実施に当たりどのような方法で進めるかも専門家の知識が役立ちます。